ページ

2015年6月29日月曜日

全日本選手権 レポート

レースレポート

写真:岡元さん


238キロの長丁場。

目標は10位以内に与えられるUCIポイントの獲得も目指すが最大の目標は優勝。

準備はしてきた。

レースがスタートし、長丁場ではあるが昨年のような強く足並みが揃った逃げが出来るという事も
多いに考えられるためまず序盤は前で気を張って走る。

アタックが幾つもかかり自分や岡選手も対応していく。

体調は良い、昨年から悩まされてきた片脚に偏ってしまうぺダリングの症状も感じない。

苦しいけど良い感触だ。

しかし、いざ何度か数人で抜け出すが長い距離に対する不安感か、お互いにイマイチペースが上がらず吸収を繰り返す。

そんな動きを繰り返していた2周目の終わり、ゴール前の登り入口で詰まった所で落車してしまう。

完全に停止して、チェーンも外れてしまい再スタートに手間取るが何とか集団最後尾について3周目に入った所で追いつく。

しかし、この時点で有力所が入った大人数の逃げが決まってしまっていた。

すぐに差は開き最大5分差まで。このままではレースが終わってしまう。

この全日本選手権で自分の結果はもちろん欲しい、そしてその先にあるネイションズ、世界選手権の代表にも

ここでアピールして選ばれたい。

しかし、今はチームで戦っている。他のチームのように数が多く且つ個々の力が強ければ他にも手段はあるが

EQADSは3人、個々がバラバラになって走って争える程甘くはない。

そしてこのようなコースでは自分も好きだが2人の方がより脚質に合っている。

もうやる事は一つ、この後の事はまた後で考えれば良い、その後のレースで力を見せれば。

岡選手に自分が牽引に加わる事を伝え、面手選手にもその旨と共に勝負所まで脚を温存しておいてもらうよう伝えた。

集団先頭に上がり、愛三の中根選手に追走に加わる事を伝え、その他にキナン、マトリックスの選手達と追走を開始。


写真:岡元さん


写真:松永さん


写真:松永さん


差は5分、遠いが本来こういった一定でジワジワ走るのは得意なので気合を入れる。集中。

周りの選手達と同じペースで踏んで交代を繰り返す。

このコースは走ると分かるが、集団で一定で走る分には楽を出来るが前で風を受けると、脚は削られていく。

一定走は得意ではあるが、次第に脚がきつくなる。だけど差は少しずつ縮まっている。

逃げに追いつくまで何としても追走し続けろと言い聞かせ、9周目で差は30秒を割った。

ここからが中々縮まらなかったが、10周目に入る時には逃げを吸収。

前も決して全開で回していた訳ではなかったと思うが一緒に追走してくれた愛三やキナンの選手達がいなければ、

追いつくのは不可能だったと思う。地獄絵図だ。ここは展開に救われた。

ここで150キロ。もう脚は残っていない。

レース展開に加わるのは厳しい、面手選手、岡選手に補給を渡し、あとを託してその後すぐに

ペースの上がった集団から千切れた。

自分の結果はDNF


感想

自分の結果が残らなかった事は悔しい。

まず、前半の逃げに乗れなかった事が反省点。乗れる自信も体力もあったが落車でチャンスを失った。

しかし、逃げに乗ったチーム、選手達はどこもしっかり乗っている点から落車してしまう危険な位置にいた事自体が劣っている。

その後の展開のために起こした行動には後悔はしていない。

追走に加わらず、運任せで例えあの後集団が一つになったとしても追走には参加するべき事だった。

色々なチーム、選手が出場していてそれぞれに事情があると思うが、自分達はここで他力本願な走りをしてもその先に何にも繋がらないと思った。

残った面手選手達は最後まで先頭で戦ってくれて、結果は伴わなかったがその事で報われた。


次は自分が輝けるよう、精進していく。



今回もたくさんの応援をありがとうございました。

写真:岡元さん



2015年6月28日日曜日

全日本選手権

シーズンの一つのピークである全日本選手権が終わりました。

結果から言うと今日は自分自身の結果を残す事は出来ませんでした。

詳しい内容はまた改めて書かせてもらいます。

チームメイトに最後の勝負を託して、2人はよく戦ってくれました。

ありがとう。

次は自分が輝けるようまた仕切りなおして頑張ろう。

何か今日で昨年からのモヤモヤした感じが吹っ切れた感じがします。


後半戦に向けて、心身リセットしてまた再始動したいと思います。




今回もたくさんの応援をいただき、本当に嬉しかったです。

走っている選手には分かると思いますが、本当に力になりました。

ありがとうございました。






今日は家族や知人が応援に駆けつけてくれました。

久しぶりに家族に応援に来てもらって良い結果を出したかったけど、それは次に!



2015年6月22日月曜日

全日本TT

写真:岡元さん

全日本TTが終わりました。

練習では調子良く走れていたので、気合十分で臨んだ今回のTT。

しかし当日は思うように走れずに結果と内容共に思い描いた物と程遠く終わり、凹みました。

直ぐに週末にはロードレースが控えているので今回の結果を素直に受け止めつつ、引きずらず切り替えて臨みます。

早くレースを走りたくてうずうずしています




写真:岡元さん

いつも、撮っていただきありがとうございます。





ANCHOR RIS9

今年はお疲れ様、また来年よろしく。

TTはやっぱりえげつなくきついレースだけど、来年も挑戦します。


そういえば今回は今年初の日本のレースでした。

たくさんの応援をいただき嬉しかったです。

ありがとうございました!



2015年6月14日日曜日

ロングロングロング

次のレースは、全日本選手権TTとロードレースです。

どちらもエリートカテゴリーに出場予定。


今年のTTバイク。

今はTTのトレーニングに重きを置いていますが、今日はロードレースの為のロングトレーニング。

何せ250キロの長丁場。


きっつかった…

これでもトッププロの300キロ近い距離を走るミラノ〜サンレモなどには遠く及ばない。

さらにこの距離で雨や雪が降ったりの中でレースしているんだから物凄い…




シャワー浴びてご飯食べた後は布団にダイブ。

そして、音楽を聴きながら寝る。

至福の一時です

今日は良く寝れそう、、、




2015年6月1日月曜日

course de la paix


遅くなりましたが、先日のチェコのネイションズカップのレースレポートです。




レースレポート

今回のネイションズカップの目標はネイションズポイントの獲得。
各ステージ3位以内と、最終個人総合成績で20位以内にポイントは与えられる。


第1ステージ



スタートから直ぐに登りと、その後も断続的に登りが続くアップダウンのコース。最後は12キロの周回を2周してゴールの120キロのレース。

チームの目標として、最後に大きな集団で来た場合は小橋選手、岡選手のサポート。
且つ翌日以降のステージに備えてタイム差を取られないようにゴールすること。

スタート後直ぐにアタック合戦。

自分も加わり、自らもアタックをする。
調子は比較的良い。

苦しいが、ここ一ヶ月登り重視のトレーニングを続けてきて感触はまずまず。

しかし、やはりレベルの高いネイションズカップ。決まるかの瀬戸際の場面では物凄くきつい。

結果的に逃げは少人数が先行し、レースは落ち着く。

その後、集団でいくつも登りをこなしていくが、一定のペースでは登っているがじわじわと脚を削られていく。

周回に向けて、ペースも上がっていき逃げも吸収して最後の小周回へ。

この周回がかなりパンチがあり、ダメージを受ける。

日本チームはここに至るまでで落車などのトラブルも受け、ラスト周回に入るまでには、秋田選手、岡選手、自分の3人が集団にいる状況。

そんな自分も、余裕はなくちょっとしたトラブルで集団1番後方に下がってしまう。

登りが始まり、ジワリジワリと離されはじめ、あと少しで下りに入れる所で千切られた。

チームカーの隊列も利用しながら追ったが、追いつけず単独でゴール。
あと少しの集中力だった。


第2ステージ


前日にタイム差がついてしまったため、今日やることは秋田選手、岡選手の総合成績のためのアシスト。

特に自分は、最後の長い登りで自分の持ち味である一定ペースで登る力で2選手を引き上げるようなサポートを期待された。

スタート後にはすぐに登りが始まる。

最初のアタック合戦には加わらないものの、ペースが早く落車の足止めの影響を受けてしまい、1度離されるが下りで再合流。

その後、横風で分断も起きるが、またまとまり、終盤の山岳地帯へ。

他選手が秋田選手達のために引き上げる動きをしている。

自分も側にはいるが、最後に力を発揮出来るようここは温存させてもらいながら走っていた。

そんな中、登りでも集団内は不安定で落車寸前の状況が何度も起こる。

1度止まるとかなり無駄脚を使わされる。

頂上手前で若干離れた状態で通過し、下りで追いかける。

そして、雨も降り始める。

追い付きかけた、登りの麓で今度は大落車が発生。

転びはしなかったが、狭い道で完全にストップ。

秋田選手が落車して、一緒に復帰を目指すが追い付く事はなく、ただ登ってゴールとなってしまった。

脚に余裕はなかったが、最後の為にと意気込んでいた。

不完全燃焼に終わった。


第3ステージ


総合は厳しくなった為、全選手逃げに乗る事を目標にスタート。

コースは長い登りがいくつも組み込まれたかなりハードなステージ。

最初の登りの早い段階で、秋田選手が逃げに入って、集団は容認。

次の63キロ地点の山岳ポイントに向けて、進んでいく。

その登りに入り、細い道を進んでいく。

最初はスローペースで進んでいたが、途中で一気に上がり始める。

対応していくが、この登りのスピードについていけなかった。

リズムよく登れない。

ペースの上がった集団に追いつける事なく、グルペットでゴール。


感想
春に感じた根本的な身体能力に加えて、あとは精神面での劣りも痛感した。

トレーニングはここまでに積んだ自信はある。
それに関しては今回結果に繋がらなかった事で間違っていたのか?とブレそうになるが、今後も継続して取り組んでいくしかない。

精神面では、苦しいのは皆当たり前、そこから1段も2段も3段も「狂う」ようになりたい。

ここに来ている、特にトップで争うような選手の頭は「普通」ではない。






これは第2ステージ前の一コマ。

国境を越えてポーランドからスタート。

チェコもポーランドも、両国雰囲気が違ったけど、綺麗で美しい所でした。




また来年!