ページ

2016年3月7日月曜日

GP D'ALBI



写真: IMAGE CONCEPT



レースレポート


レース距離 11km×11周回

カテゴリー(1.2.3.jr)

天候 曇り雨 5℃



目標は3位以内。

例年序盤から逃げを形成し、そのままゴールまで行ってしまうのがパターンが多く

今年も力のある選手達がそういう動きをするだろうと序盤から気を張ってレースに臨んだ。

何度から抜け出しがあったのち、城田選手と新城選手含む逃げが形成される。

自分はこの優位な展開を利用し、次に起こるであろう追走の動きに集団前方で注意しながら走る。

すると、やはりこのコースの山岳ポイントが設けられている区間で動きが発生し、対応。

しかし、ここの登りと次の登りで城田選手達がこぼれてきてしまい、自分達から追いかける必要になった。

差は10秒に満たないが、あと一歩が中々詰まらない。

チームメイトと交互に追走のアタックを試み、津村選手と新城選手含む追走が出来る。

が、新城選手は道端にいた犬と衝突し落車で戦線離脱。

前は津村選手しかいない状況で芳しくない。

5周目前の平坦区間で自分は3人で抜け出して、1周かけて前の追走に合流。

その後、ペースの上げ下げがありながら先頭に合流し25名程の集団。

どうにか先頭に入る事が出来たが、ここに来るまでに正直脚を使いすぎた。

あまり余裕がないが、ここからさらに勝負をかけた動きがかかる。

何度か対応出来るが、次第に集団に残る事で精一杯になる。

最終的に3人、4人と抜け出しがありその後ろの集団に残され

最後はその集団からも踏ん張り切れず遅れ18位でゴール。



感想

3位以内に入るには、序盤からの逃げに乗るか、津村選手達がいた追走に乗る事が理想だった。

最終便の追走で何とか先頭に追いついたが、そこに至るまでに脚を使いすぎた。

先頭に追い付いてからは受け身のレースになってしまい、自分から動く事がほとんど出来ず苦しかった。

課題を抽出し、来週のレースではトップ10を目指す。